ヘブルの月の祝福:聖書暦5781年テベットの月

2021年1月14日~2021年2月12日

シェバット あなたのシャウトの声を拡張させましょう


この11月目は、力強く宣言すること(つまりシャウトすること)が鍵となっていきます。実際、この10年間が宣言の時であることを考えると、さらに倍増させて宣言するべきなのです。詩編29章を読んでください。そこには主の力強い声について書かれています。主の声は実はシャウトです。主の声で下記の物事が達成されます。①悪霊の力を打ち壊します(詩編29:5)、②主の炎を解き放ちます(29:8)、③霊的な季節を動かし、私たちに実を結ばせます(29:9)。今月、主のシャウトをあなたの内に立ち上がらせましょう!


1)アシェル部族の月です。創世記49:20でヤコブが息子たちを祝福したとき、アシェルの食物は豊かになり、彼は王のごちそうを作り出すと言いました。これはまさに神が私たちに望んでおられることです。イエスは言いました。「わたしが来たのは、羊がいのちを得、またそれを豊かに持つためです。」(ヨハネ10:10)


2)しかし、ご馳走の食べ過ぎに注意しましょう。(箴言23:3参照) ダニエル書を読みましょう。ダニエルは王のご馳走を食すことを拒み、同僚より10倍もよい体調を保ちました。自分の人生で自制が必要なところで主の助けを期待してください。


3)次の世代を保っていく計画を練る月です。あなたがメンターとして働きかけている人々、あなたのオリーブの木はどのような実を実らせているでしょうか?主の望みは私たちが次の世代を立て上げ、彼らも豊かになることです。


4)へブル文字ツァデ(tzの発音)の月です。あなたの義があなたの土台となります。私たちはこの土台において畑の木と繋がっていきます。どんな畑があるでしょうか?どのような人たちが植えられているでしょうか?それらの木は実を実らせているでしょうか?


5)水を運ぶ水瓶の月です。主は、あなたの根が地下の水源に届いて、そこから水分を得ることを願っておられます。「その人は、水路のそばに植わった木のようだ。時が来ると実がなり、その葉は枯れない。その人は、何をしても栄える。」詩篇1:3


6)あなたのもとに水を運んで来てくれる人たちを見ましょう。あなたのもとに新しい方法で水が運ばれるために、様々な決断がなされるときです。あなたにミニストリーを与える人々を主が連れてきてくださることに信頼しましょう。創世記24章のリベカの話から学びましょう。(彼女はエリアザルのために水を汲んだので、結果としてイサクと結婚することになりました。)またヨハネ4章のサマリヤの女の話からも学びましょう。(彼女は実際の水を求めて来ましたが、いのちの水を受け取りました。)


7)今月は「私の許へ祝福が来ようとしています」と叫ぶ月です。あなたの内に、「私の渇きがいやされる」という叫びがあります。(ヨハネ7:37–39参照)。聖霊は常に誠実な方です。私たちがさらに主にあって深く歩むように助けてくださいます。


8) 今月は、「木の新年祭」の月です。命の木の実を食べることを選び取りましょう。創世記3:22。人の労や理解により頼むことのないようにしましょう。神は私たちに供給を与えてくださいます。 エリムの70本のヤシの木を心に留めてください。(出15:27)私たちは神の家の緑のオリーブの木々のようです。(詩篇 52:8)私たちは主に植えられたものです。(イザヤ60:21、 61:3)


9)今月は食物を食べるのに良い月です。ダニエル断食を終える時に、神がどのようにして今までと異なる食生活を送るべきか示してくださいます。どのようにして、あるいは何を口にすればよいかということを主に尋ねましょう。


10)胃と食道の月です。つまり、あなたが口にするものは、命や将来のための栄養を生み出します。神のことばを食せば、神が預言的に示しておられるものを受け取ることができます。今月、いつもより神のみことばをたくさん読むようにしましょう。


11) みことばを「食する」ようにしましょう。「主のすばらしさを味わい、これを見つめよ。」(詩篇34:8) そうするなら、新しい啓示を自分のものにすることができます。主の良さを知らないと、主が与えようとしておられる啓示を見逃してしまいやすくなります。


注)このアウトラインは、2007年のチャック・ピアス師によるヘブル暦と神のサイクルに関する講義のメモから編集したものです。