ロン・サーカ・ミニストリーズ 

2021年3月31日 

聖書暦5781年ニサンの月18日 

www.rwsministries.com



「あなたがたが定期に召集しなければならない聖なる会合、すなわち主の例祭は次のとおりである・・・この月の十五日は、主の、種を入れないパンの祭りである。七日間、あなたがたは種を入れないパンを食べなければならない。」(レビ記23章4、6節)


「わたしは、天から下って来た生けるパンです。だれでもこのパンを食べるなら、永遠に生きます・・・」(ヨハネ6章51節)



国々に広がっている火

(3月20日、土曜日、午後7時半)


まだオンラインカンファレンスについて報告が出来なくてすみませんでした。今までのオンライン配信の中では一番多い視聴者の数でした。中国語、日本語、韓国語、ロシア語、シンハラ語、タミール語の通訳がありました。一人の預言者がこのように説明しました。「今回の集会は乾いた焚き付けにマッチを付けた様な感じでした。その火は荒れ狂う炎となり、国々に広がります。」この理由のために、主は私たちにこのカンファレンスを行うように導いたと思います。そして、今、その火は広がっています。


多くの証しに感謝しています。火が解き放たれた時、癒されたと証しした人もいます。他の人たちは神の火に燃やされた感覚があったと証ししています。主に感謝しています。


リリース・ザ・ファイヤー・カンファレンスはこちらで視聴することができます。




過越し:祝いの一週間


先日、神がどれほど賢いか、再度思わされました。神は過越しの後に、一週間祝うように指示をしました。過越し自体はとても厳粛な出来事でした。毎年イスラエルの民は羊を捧げ、門柱とかもいに血をつけたこと、裁きが通り越したこと、そしてエジプトの奴隷生活から解放されたことを思い起こしました。


過越しの次の日から一週間の祝い(種なしパンの祭り)がありました。イスラエルの民は、一週間家からパン種を一掃しました。パン種は聖書では、①罪、②プライド、③自己努力(主を信頼することなく)と例えられています。彼らが”パン種”を一掃したように、私たちは聖霊に私たちの内にある”パン種”を取り除くことを求めるべきです。


しかし、私たちは過越しのポジティブなところを忘れてはいけません。過越しは祝祭日でした。祝祭日は喜んで祝う日です。そして、神が”定めた時”なので、神の臨在からの特別な回復と祝福を期待すべきです。


”食べる”ことについて、考えましょう。全ての祝いには”食”が必ずあります。主が私たちに備えてくれた”食”は、主ご自身です。主が生きたパンです。「わたしは、天から下って来た生けるパンです。だれでもこのパンを食べるなら、永遠に生きます・・・(ヨハネ6章51節)。」パウロはこのように書きました。「ですから、私たちは、・・・純粋で真実なパンで、祭りをしようではありませんか(第一コリント5章8節)。」


つまり、私が主のなさったことを思いめぐらして感謝するときに、私は主を食べ、主は私のために真実な種なしパンとなります。私が主に感謝して賛美するときに、主の純粋さと真実が私の内に働くことを期待すべきです。私たちの内にある間違ったものを取り除くことも一つですが、イエス(いのちのパン)で自分を満たすことは特に素晴らしいことです(ヨハネの福音書6章48~51節)。


どうやって”いのちのパン”を食べることが出来るでしょうか?主がなさったことを信じ、感謝することです。特に今回は主が過越しの期間中に与えたものを感謝し、思いめぐらすべきです。下記は過越しの祝福のリストです。


1)救い:子羊の血潮により、死と裁きは過ぎ去りました。イエスの血潮により私たちは救われました。死と裁きは私たちから過ぎ去りました。


2)解放といやし:イスラエルの民は、奴隷生活から解放されました。私たちも同じく、全ての縛りから解放されることができます。


3)サタンに対し、勝利を得た:ファラオの力は打ち砕かれました。同じように、サタンが支配する力は打ち砕かれました。


4)勝利:イスラエルの民は臆することなくエジプトを出て行きました(民数記33章3節)。喜びと勝利の態度で歩むことを忘れないでください。


5)神の臨在:神はイスラエルの民を火の柱と雲の柱で導きました。神の臨在が私たちと共にあることを知ってください。


6)富:イスラエルの民はエジプトの金と銀を求めました(出エジプト記12章35節)。神に求め、増加することを期待してください。


7)迅速な結果:イスラエルの民はその日の夜に出ていく必要がありました。今、奇跡を期待することによって、主をほめます。


主の祝福がありますように!


ロン・サーカ


神の声を聞く:オンライン預言トレーニング


オンラインの使徒的センターを立ち上げる一貫として、4月から「神の声を聞く」オンラインコースを提供しています。コースの詳細はこちらで確認することができます。


ユダが最初:今月はより多く主を賛美しましょう!

聖書暦5682年へブルの月第1の月 (2021年3月14日~2021年4月12日)


神がイスラエルの民をエジプトから解放した時に、月を数えるよう指示しました(出エジプト記12章2節)。これを見ると、主は私たちのへブル暦に焦点を当ててほしいことが分かります。主は私たちに更に解放を体験し、主の内に成長できるように自由になって欲しいのです。ニサンの月は、ユダ部族に接点があります。ユダ部族は賛美の部族でした。今月はより多く主を賛美し、神が備えたすべてのことを体験しましょう!


ニサンの月の祝福はこちらで確認することができます。


オンライン使徒的センター

今週の配信スケジュール


コロナウィルスの影響で集会がオンライン化しています。下記の集会をフェイスブックで配信しますので、ご参加ください。


参加用リンクhttps://www.facebook.com/RonSawka

・4月4日(日)午前11時15分 復活:呪いと死を打ち破るイエスの力(英語、日本語)カベナントビクトリー沖縄のFBべージよりライブ配信

・4月4日(日)午後8時半(英語、中国語)

・毎週火曜日 午後8時半~10時 使徒的学校(英語、中国語)登録要。

詳細はこちらでご確認ください。

・毎週金曜日 午後7時~8時 (英語、ロシア語)

・MPP 月~金 午前6時~6時45分


MPP (Morning Prophetic Prayer=朝の預言的祈り会) 


4月1、2日(木、金)MPPはお休みです。


MPPがさらに多くの未信者にリーチすることをお祈りください。彼らが神の力と愛に触れ、イエスに心を開くようお祈りください。


MPPは、神のみことばからの短いメッセージと、コアチームによる預言の言葉をシェアする時間です。MPPは通常は月曜日から金曜日の朝6時から6:45(日本時間)まで行っています。

MPPはフェイスブックかYouTubeより参加いただけます。


祈りのリクエストやミニストリーが必要な場合はこちら!



MPP英語フェイスブック: https://www.facebook.com/englishmpp/

MPP日本語フェイスブック:https://www.facebook.com/MPPJapanese-993039304051860/

MPPユーチューブ: www.youtube.com/mppjapan



ロン・サーカ・ミニストリーへの献金と使徒的ファンドサポート/ファイヤースターターの献金振込先


主が私たちに与えてくださっている任務を成し遂げるために、皆さんからの捧げ物が大きな助けとなっています。主が皆さんの心に語られるどんな金額も、心から感謝しています。続けて、今年中にこの働きのために捧げてくださる使徒的ファンドサポーター/ファイヤースターターを募集しています!すでに何人もの方々がこの形で捧げてくださっています。使徒的ファンドサポーター/ファイヤースターターとなるように導かれる方は、年間一口12万円の約束献金をしていただけます。ご登録は、CTF事務局までお願いします。

(email:info@ctfjapan.com、電話0283-24-6653)



献金振込先

ゆうちょ銀行: 029店当座0142537

口座名義: CTF Japan (シーティーエフジャパン)

口座記号番号: 00250-6-142537



使徒的ファンドサポーター/ファイヤースターターになることを検討してください:引き続き検討して頂きたいです。今年は更に多くのサポーターが集まると主に言われたと思っています。皆様のサポートが必要です。下記のフォーム又はここで申し込んでください。



2021使徒的ファンド/ファイヤースターター約束献金


氏名:

口数:

祈りが必要な家族:

国籍:

メール:


個人と家族の写真も添付してください。


「2021年度使徒的ファンドサポーター/ファイヤースターター」の件名で上記の情報を送信してください。