ロン・サーカ・ミニストリーズ

2020年12月16日 

聖書暦5781年テベットの月1日

www.rwsministries.com


神からの使命とアイデンティティを再確認し、宣言する


ハヌカー(12月10~18日)は”宮きよめの祭り”として一度だけ聖書に記されています。「そのころ、エルサレムで、宮きよめの祭りがあった。」(ヨハネ10章22節)。この箇所を勉強すればするほど、この時期を神から与えれた召しと使命を見直し、神への献身を新たにする時期にしてほしいと神は願っていると思います。


紀元前2世紀、イスラエルの民がシリアとギリシャの迫害者を追い払った後、彼らは神殿をきよめ、神に新たに捧げました。アンティオコス4世はイスラエルをひどく迫害し、神殿を汚し、イスラエルの民の神への信仰を消し去ろうとしました。神殿を新たに捧げることによって、神から与えられた召しと価値観は、ギリシャ文化と世の中の考えと入れ替えることは出来ないと宣言しました。イスラエルの民が神の民であり、主にアイデンティティを持つという宣言でした。


興味深いことに、聖書で唯一ハヌカーについて記載されている箇所にイエスは自身の目的と使命を宣言し、自身のアイデンティティを改めていたようでした。ヨハネの10章で、人々はしつこくイエスに”もしあなたがキリストなら、はっきりとそう言ってください。”(ヨハネ10章24節)と尋ねていました。彼らは聞く耳が無いとイエスは悟っていたので、彼らに力強く言いました。①「わたしが父の御名によって行うわざが、わたしについて証言しています。」(25節)、②「わたしは彼らに永遠のいのちを与えます。彼らは決して滅びることがなく、また、だれもわたしの手から彼らを奪い去るようなことはありません。」(28節)、③「わたしと父とは一つです。」(30節)。


これはとても力強いです。反抗するものに対し、イエスは自身のアイデンティティ(わたしと父とは一つです)と召しを宣言しました。それは、①父の御名によってわざを行うことと、②信じる者に永遠の命を与えることです。


この箇所を読んでハヌカーの歴史を勉強すると、主が私たちに”今”必要な言葉を語られたんだと思います。ハヌカーであっても、クリスマスであっても、今の時期は下記を”再確認”と”宣言”をする必要があると感じました。


①私たちのアイデンティティ:主よ、私たちはあなたのものです。あなたは私たちをあなたの特別な民として選びました。


②私たちの目的:私たちはあなたの栄光を運びます。私たちがどこに行っても、恵みを与える言葉を語り、全てのことを主のために行います。


③私たちは、自分自身、家族、家庭、職場、市町村、国をあなたに捧げます。


最後に、このことを言葉で宣言することを忘れないで下さい。私たちが神の真理を宣言するとき、力強いものが私たちの内に解き放たれます。



祝福がありますように!お祈りを感謝します。


ロン&テディー・サーカ


残り一か月:主の預言者を信じなさい。そうすればあなたがたは成功する(豊かになる)!

一番重要なものは、召しと使命かもしれません。現在、国々で現れている全ての混乱や騒動は、サタンが私たちを(個人として、国として)神の召しから離れさせようとしているからです。私たちは主と神から与えられた新しい言葉(大抵は預言)に目を向け続け、神が導いてくださると信じる必要があります。「あなたがたの神、主を信じなさい。そうすればあなたがたは堅く立つことができる。主の預言者を信じなさい。そうすればあなたがたは成功するでしょう。」(第2歴代誌20章20節)口語訳


使徒的ファンドサポーター/ファイヤースターターになることを検討してください。


この時期は使徒的ファンドサポーターになることを勧める時期です。使徒的ファンドサポーター/ファイヤースターターは、年間一口10万円の約束献金をしていただくサポーターのことです。主は更に多くの使徒的ファンドサポーター/ファイヤースターターを与えると言われたと思います。使徒的ファンドサポーター/ファイヤースターターに申し込まれる方は、下記の内容を送信してください。


2021使徒的ファンド/ファイヤースターター約束献金


氏名:


口数:


祈りが必要な家族:


国籍:


メール:


個人と家族の写真も添付してください。


「2021年度使徒的ファンドサポーター/ファイヤースターター」の件名で上記の情報を送信願います。


MPP:日本の未信者にリーチする。


私たちは更に多くの未信者がMPPを視聴し、主から助けと希望を受け取って、主と出会ってほしいです。具体的に未信者の視聴者が増えることをお祈りください。こちらのMPP案内動画を確認し、SNS上でシェアしてください。


成熟をするとき:冠を受け、神と共に治める。

テベット: 聖書暦5681年へブルの月第10の月 (2020年12月16日~2021年1月13日)


教会という言葉はギリシャ語の”エクレシア”という単語が由来です。イエスの時代では良く使われていた単語です。私たちに近所、市町村、国々を治める神の組織です。神は私たちに成熟し、共に治めたいと願っています。成長は遅くてゆっくりな過程ではなくていいのです。私たちは前に躍進することができます。


テベットの月の祝福はこちらで確認することができます。